プロフィール

OFFMAN

Author:OFFMAN
現在はドロップシッピングに力を入れて取り組んでます!
いつかは目標を達成するつもりでがんばってます!

ランキング!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扱う商品の選定について ②

ど~も!OFFMANです!

今日は前回に引き続き商品の選定についてお話したいと思います。

前回商品を選ぶ際に、商品のキーワードについてお話しました。

ライバルの少ないキーワードを選ぶこと

ライバルが少ないかを調べるために、「ferret+」(フェレットプラス)を活用して調べると、キーワードの需要がわかること

の二つをお話しました。

さて、ここで、疑問に思われた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、ライバルが多いとはいったいどれくらいを指すのか?

疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はライバルの数は何で決めるのかをお話したいと思います。

例えば「電子たばこ」というキーワードでyahooなんかで検索をすると、数多くのサイトがヒットします。
そこでヒットしたサイトや検索結果ページの横にある広告サイトを確認してみます。

注意してみる点は・・・

①大きい会社が経営しているサイトがないか?
  ⇒大きな会社が経営しているサイトには規模の面や信頼面において中々勝てません・・・

②個人店が多く出店していないか?
  ⇒個人店が多く出店しているということはやはり人気の商品になります。
   もし勝てるという見込みがあれば選んでも良いと思いますが・・・

③PPC広告(検索ページの上や横に表示されているサイト)があるかどうか?
  ⇒PPC広告が張り出されてるということは、出店者がお金を出してその商品を売りたいということです。そのようなサイトはやはり目につくため売れるお店が多いです。

上記の3点に注意してキーワードの選定を行うと良いかもしれません。
少なくとも商品はほぼなんでも良いと思います。ライバルが少ないキーワードを探すことが重要になってくると思います。

ちなみに例として「ferret+」(フェレットプラス)で検索結果を調べてみました。

・電子たばこ・・・月間検索数約24000件
・電子たばこ 日本製・・・月間検索数約3800件

キーワードだけでこれほど検索数が変化します!約1/6です!
また検索数に関しては、月間検索数が3000~4000件ほどが一番良いそうです。
ほどよくライバルもいない環境で、ドロップシッピングができると思いますよ!

今日はちょっと長く書いてしまいました・・・
皆様にもっと見やすくわかりやすい記事を今後は書けるよう努力していきます!





スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

ばんばんです。
わかりやすい記事です。
リンクはりました。
よろしくお願いいたします。
ばんばん | URL | 2009-09-27(15:03) [編集]
トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。